企画!

診断病理セッション

6月1日(木) A会場(2F 一橋講堂) 16:00 〜 19:00

第58回日本神経病理学会総会学術研究会において「診断病理セッション」を下記の要領にて開催いたします。このコースは、学会の特別企画の一つとして、認定医、専門医をめざす若手の病理医、臨床医を対象に企画いたしました。

今回も以下のような多彩な疾患が提示されます。会員の方もそうでない方も奮ってご参加ください。教育セミナーのみの受講者も、無料で参加できます。奮ってご参加ください。

座長:東京都健康長寿医療センター高齢者ブレインバンク 村山 繁雄
九州大学大学院医学研究院神経病理学分野 岩城 徹

SS-1てんかんで発症した54歳男性の右前頭葉腫瘍の一例

久留米大学 医学部 病理学講座 小牧 哲

SS-2家族性脊髄小脳変性症の家系に発症した、経過2年の進行性筋力低下を示した43歳男性剖検例

東京都健康長寿医療センタ−高齢者ブレインバンク 小林 万希子

SS-3難治性てんかんの1歳11か月女児例

国立精神・神経医療研究センター病院 小児神経科 平澤 絢香

SS-4肺がんに対する放射線治療中に筋力低下を認めた65歳女性例

東京大学医学部付属病院 神経内科 竹上 直毅

SS-5下肢末端の痛みを主訴とする57歳男性例

山口大学神経内科 原田 美沙

SS-6誤嚥性肺炎で入院し,急速な意識障害を呈し死亡したパーキンソン病の90歳女性剖検例

東京都健康長寿医療センター 神経内科 白石 朋敬